Yayoi's Blog

rosemood.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

やる気

もうすぐ曲が完成するところまでいったのにあと最後の一歩ができない。なので息抜きにブログ書いてみようと思いました。って言ってももう朝6時やわ。最近毎日こんなん。

今更言うまでもないけど自分の問題は自分で解決せな前に進まへん。
でもすぐ疲れる。別に何か嫌なことがあったわけでもない。

たぶん理由はCD制作真っ最中だからかもしれない。ほんと疲れるし、もうせなあかんことが山ほどある。ちょっと精神的にきてると思う。
歌うことや物作りはもちろん大好き。でもその他がもう全部しんどくて。

昨日久々大阪の友人と電話でお話してた。言わずしてこの状況をわかってくれてるのがほんとに救いやった。私はそんなこと言わないし表さないけど、よく頑張ってるね。って。泣きそうになった。それは感心してるとか自分とか他とかとくらべてそんなんで言ってるんじゃなくて、ただただ私のことを感じて言ってくれたのがとても癒された。心から応援してくれてるんだなと感じて嬉しくなる。救ってくれた。

今年はほんまに頑張らなあかん年。生きてきた中で一番かもしれん。

昨夜はこっちで知り合った現在日本在住のシンガー東かおるさんと久々デートしてきた。とても楽しかった。
Jazz GalleryでJohn Ellisのおもしろいプロジェクト音楽を聴いてオープンな気持ちになれた。J Eのサックス、3人のバイオリン、チェロ、バイブ、ギター、チューバ、パーカッション、2人のボイス、そして指揮者。
感動した。
物語が斬新で正確に表現されていたのには圧巻。台詞があったり、物語の展開の仕方が本当にストーリーテラーみたいに音楽で伝えていた。
特に大好きなシンガーGretchenの声はほんとにすばらしかった。なんて純粋で嫌みが一切ない声。声はやはりどんな楽器よりも内面が表れるのだな。率直に物語の中に吸い込まれた。仕事をするってこういうことなんやな。だから色んなバンドに引っ張りだこなんやな。

こういう音楽は生粋の本物の芸術と感じる。
だからNYにいるんだなと感じる。
素直に自分が感じることをし続けたい。

今度のツアーのときに、ツアーメンバーのピアノトリオにスペシャルゲストとして、かおるさんともう一人のシンガー(まだ未定)と私のボイスで色々なことを表現できるようにアレンジしています。できる限り時間があるときに作るようにしてます。まだまだですがものすごく楽しみです。

何もかも一個ずつやってみせるぞ。
[PR]
by rosemood | 2009-05-30 19:39

The Girlfriend Experience

考えてみたらありえへんことがけっこう頻繁に起こるもんだわ、ほんまこの町は。大阪時代から超超超〜尊敬してた音楽家とお友達になれたり、演奏やセッションしたり、録音させてもらったり。こっちはほんと半端ないと改めて実感している。まぁ特に最近ではAri Hoenigとハングアウトさせてもらったりするのはびっくりする。
今も歌の友達ジェニファージェイドのライブで歌わさせてもらったら今度セッションに誘われて、すごいメンバーでできそうなのでとてもエキサイティング!ジェニファーはちょっと尋常じゃないくらいパワーがある。しかも何かとやたらどっかで一緒になる。ボビーのカーネギーやらセッションやら友達の紹介で彼女やったり。こういうめちゃ刺激し合えるいい友達やからこそ上げ上げでいけるいい関係を築くことができるのかもしれない。

もう少しで日本に帰ろうと思ってる。でも大阪は少ししかいなくてたぶんすーごく忙しくなりそう。いいことですが。

おもしろい映画を見た。今話題の、

『The Girlfriend Experience』

というオーシャンズシリーズやエリンブロコビッチでおなじみのSteven Soderberghスティーブンソダーバーグ監督の作品。まだこっちの映画館でもやっていないのですが、新しいマーケティングスタイルでテレビで購入して劇場より少しだけ早く見れるというシステム。

これはNYの娼婦の物語で、フィクションだけど本当にありそうな話。主役の娼婦役は現役Vシネマアダルト女優21歳Sacha Grey。アメリカのアダルト世界のABNアワード2007年ベスト3P賞、2008年はベストオーラル女優賞受賞。あくまでも女優としてね。
これは日本で公開されるのかな。でもされてほしい。されたとしてもインディーズやろな。

めちゃくちゃリアリティあるのでNYの性事情が多少わかる。めんどくさい恋愛は正直ごめん、好みのタイプのみと体の関係を持ちたいという男がNYに限らず日本にも少なからずいると思うのですが、この映画は、魅力的でセクシーなクリスティーン/別名チェルシーは高級娼婦として生計を立てている。彼女が記者からインタビューされているという形式で動いていく。

1時間2000ドル(約20万円)でお相手するのはもちろん色んな男性がいてたまには男前の40歳リアルステイト不動産社長、ウォール街で働く50歳サラリーマンや30代後半ハリウッドライターなど、デブ宝石屋、普通の愚痴ばかり言ってる金持ちサラリーマンなど。彼女はジムのパーソナルトレーナーの彼氏を持っている。その彼氏は事情も知ってるけど逆に自立した関係でクールと思ってつきあっている。チェルシーはレビューに書いてもらうためにある男性とファックするのだが。。。

なぜ普通にみんな彼女を持たないのかと疑問に思う。

実際にこっちでよく聞く話が娼婦(エスコート)はこの町にいるのだけど、桁違いに高いし、それぞれルールがあってけっこう審査が厳しい。ピンキリだけど容姿が普通以上の女性で4時間で50万円の話。それぞれのフェチもあると思うけど、モデル並みに綺麗な人はディナーデートも含めて6時間100万円。少し調べてみた。うその広告もたくさんあるんやろうけど日本人のAV女優もこっちでやってるみたい。アジア人はけっこうレートが低いのねっていっても6時間20ー30万円ほどでした。

恋人みたいにおしゃれなところで食事して楽しく話したり、映画見たり、そしてどきどきしながらキスをし始め、事が終わりお金を支払う。でもお金をもらっているのでもちろんどこでどう気を使うことをわかっててかしこい人が多いのも事実。

日本のホステスは一般的に体の関係はなしで、したければ本人の自由という選択肢はあるのだけど、映画をみてある意味接待の仕方が似てると感じた。

ではなぜお金を払うのか。

結局は好みの女性をしたいようにコントロールしたいからやねんね。めんどくさくない。NYの男性も女性も恋人を持たない人がけっこう多いのはその理由。駄々こねられたり、本人の都合の悪いことを責められたりしたくない、けんかもしたくない。または単純に嘘をつきたくないとかが理由であったりする。ただ楽しみたい、ただ気持ちよくなりたい。この町は本当にストレスのたまる町。たぶんどの先進国の町よりも。だからより開放的になりたいのかもしれない。

私が歌ってる曲にYou Dont Know What Love Isという曲があってまさにその通り。ほんまにあなたは愛が何かわからないのねという曲。
愛を知らない、または知りたくないんやろう。単純に表面でめんどくさいことが増えるから。もしくは気づいてるけどそんなのイヤぁぁーーーー!って?
それは本人の選択なので関係ないことですが、
こういう知らなかった世界だけにおもしろい。

この映画のトレーラーは →こちら
[PR]
by rosemood | 2009-05-25 16:29

Mets

とてもいい気分なので何か書きたいーと急に思って。

最近いい音楽を聞きに行けたからかな。和太鼓ライブ、そしてブランフォードカルテット。しかもテインワッツじゃなく、すごく若いドラマーJustin Faulkner。ほんまイケてた。リピートしたいと思ったほど。ほんまにブランフォードいけてすぎるねんよ。何から何まで。dont have to explain anything.

あと、友達のtsステイシーディラードカルテット。これは久々彼のバンド聞いたけど、やっぱりすごいわ。絶対に言葉では伝えきれないけど、あえて言うなら超ブラック、ブラック、ブラック。やっぱりこの人本物の野性を感じる。究極ワイルドなバンド、てかドラムのジェレミーとステイシーすごい。今まで聞いたどんなバンドよりも濃い、濃厚!ちょっといく感じやねえ。最後の曲はびっくりするくらい早かった。あれは370ー400くらいやった。なんか曲も心がくすぐられるくらい正直なのです。こうでなきゃ意味がないねんなぁ。私が触れてきたというかルーツな音楽があるからそこを出して、自分が信じるサウンドを合わせて作曲するのみ。今作ってるやつはそんな感じで心を正直にしてる。とってつけるのではなくあるがままに。きっと何でもそうやねー。
丸裸に負けはない。
それにしてもやっぱり私が好きなサックスはみんなコルトレーン、オーネットが聞こえてくる。その中でも中身がいけてる人じゃないとあんなサウンドは出ない。

---------------------------------------
昨日は母の日だったので家族でメッツの試合を見にいった。初めて野球試合を見にスタジアムへしかもすごくいい席!義妹とパートナーがみんなにプレゼント。ってどんだけすごいプレゼントやねん。
野球は普段テレビでもあんまり見ないのですが、メッツはときどき、ReyesとWrightがあまりにもかっこよすぎて見とれてしまう(笑)そういえば日本人のTakahashi Kenも先週Metsのメジャーのピッチャーになり6、7回のみ投げている。すごく好プレー。

昨日はみんなピンクのバットにピンクのバンドでした。

レイエス!!
f0150763_620778.jpg


f0150763_6203068.jpg


Win!!!
f0150763_6272023.jpg

[PR]
by rosemood | 2009-05-12 06:29

お疲れさんです

やっとJD Walter氏とのミキシング半分完了しました。すごく疲れた。

かなり最初緊張したけど、納得いくまでしたかったし、ずっと緊張感を保ってすることができた。途中、もうジャズやめて日本帰れ!ほんで芸者でもなれ!とか言われたりして。(芸者を否定する言い方ではなくあくまでも違う世界の華やかなイメージの職業につけという意味での言い方)そんなんでDonna Leeとかタイトルつけるなとまで言われ、追い込まれた私はジャズをなめてたことを認識してその後は全て即興でした。正直自分にキレた。
JDはほんとに私のことを思って正直にどなったり、考えなわからん深い嫌み言ったり、めちゃくちゃほめてくれたりしたんやなと翌日CD聞いたら思った。エンジニアはそわそわしてたけど。逆に自分と向き合えた。JDは普段、心から優しい人やけどね。一番に自分、その次に生徒やもん(笑)はっきりしてるから大好き。スタジオでの彼のスキャットはやはり圧巻。だからこのシンガーにほれこんだし。

お疲れです。今日はネットで久々買い物しまくった。っていってもビンテージっぽい履きやすそうな靴2足。はは。最近何にも買ってなかったしねー。実は、靴はかなり大好き。
大阪の尊敬するくらいおしゃれな親友は私のこと靴のセンスだけはやばいって言ってくれる。

ほかはどないやねん

夢はマノロ何足もポンポン買いたいな。ミーハーな私。ふふ。シンプルな85番のルブタン買おうか一瞬迷ったけどちょっとビビった。それくらいは、CD出きあがったらで。

ちょっと小話。

NYでよくチワワを飼ってる男性をよ〜く見かける。
今日は家の下が自転車屋さんなのでぼーっと非常階段でくつろいでると、犬連れの女性が自転車の何か直してもらってる。反対側の道路から鎖なしのチワワを持ったかっこいいとは言いがたい大男が突然やってきて、彼のチワワを彼女の犬のほうに離した。もちろん世間話をするわけですよね。
はい、目的完了。
女を口説くための口実に犬を飼ってる人が多すぎる、この町は。
だからこっちはたくさん犬虐待が多いのもそれが理由の一つじゃないかななんて思ってしまう。理由が理由なだけに。
犬を飼ってる人間に嫌な人はいないという無意識にそう思う女性の心理を利用する手口。きたないね。たしかにブ男のナンパでついて行く女性はほぼいないから、あらゆる方法を駆使するのは仕方ないかもしれないけど。

セックスアンド〜で知ってるようにこっちで真剣恋愛を見つけるのはそうそうない。惚れてしまうとほぼ全員痛い目に合ったことがある。そこから女は馬鹿じゃないので学ぶ。ほんで信用しなくなる。
だめんずうぉーかーに載りそうな話ばっかりですよ。えー!そんなんありえるのってくらい。。。

この町の恋愛観は独特。
結局はそれを好んでる人たちばっかりやしねえ。

こっちの小話ネタいっぱいあるのでまた次回に!
[PR]
by rosemood | 2009-05-07 06:47

こんにちは〜

何回も日記を書こうとしてたのだけど、結局今になってしまいました。
花粉症つらい。。。
NYはここ4日間くらい猛暑でした。お昼間35、6度でみんなビキニで屋上やらで日光浴してましたねー。


私は最近新曲ができたり、色んな素材が浮かんできてて取り組んでいる。相変わらず夜は歌って音楽友達と遊んですばらしい音楽を聞いてる。それが全てやしねえ。

やっぱり夜中家にいると静かなせいか本当に一人になれるなぁ。
そして色んな人に出会うことはいいことだなと今改めて実感している。

ある人が言った言葉というか漠然とした言葉のなかの雰囲気がずっと頭の中で回っている。何か、私の道に全く関係ないものでベールをかぶされて、ベールさえも気づかず、一人で苦しんでいるときに、その、言葉にできない雰囲気を思いだしたら、ふと抜け出した気分になる。
自由とは何かわからせてくれる。
最近久しくお会いしていないピアニストのJames Hurt。彼は天才で変わり者なのだけど最近影響を与えてくれた人。教授みたいにエネルギーの話しかしない人だけど(笑)
今もっとも興味深い人、間違いない。
James Hurt You Tube
ピアノの音がよくないのであんまり聞こえませんが。彼の静かな活動の中でレアな演奏映像。グーグルしても記事だけで活動情報がない。ライブで何回か聞いたことあるけど、口パクパクさせるくらいすごい。

実はここ半月しんどかったなあ。全て。ツアーのブッキングにお金やらビザやら、信用してた子に利用されるし、かんぢがいされるし。それに最近敬語で日本語をしゃべる機会がどっと減ったので、電話などで敬語を話すとき、どこまでタジタジやねんってツッコみたくなるくらい下手くそに!!
もう色々あって呼吸の仕方を忘れたほど自分のペースが保てなかった。息抜きもなくストレスがピークにきてた。

それも一つの原因で、隣人に大阪のやくざみたいにって英語やけど大阪弁みたいにキレてしまい相手を泣かしてもうた(苦笑)警察沙汰の一歩手前やった。あのときは紙一重で手を出してたと思うほど。
今までこの2年間の毎日の常識ないことでのうっぷんを噴射したのである意味スカっとはしたけど。
こういうことがあるとやっぱり父親の血が入ってるんやなと思う。

いいかげん一人でのストレス発散の仕方を考えないといけない。
はよ免許とろ。そしたら一人で好きなときに緑や海を見にいけるもんねえ。

今からご近所にランチ食べに行ってこよーっと。
今日はClinton Baking companyへ。

親子狐!
f0150763_2101261.jpg

f0150763_2113357.jpg

f0150763_2152136.jpg

[PR]
by rosemood | 2009-05-01 02:19