Yayoi's Blog

rosemood.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

SALAD!

今日は久々せつない気分になった。”切ない”=心が切れる思いらしい。まさに心が切れてつながっての繰り返し。って言っても理由は大したことない。今夜は久々一人で家にいるから。

今日は友達が順番に家に遊びにきてくれた日。それは楽しかったし嬉しかった。最後に友達カップルが来てチュッチュばっかりしてたわ。ウキウキドキドキするって、ええな、ええな。そのカップルの彼が前々回書いた”Progress”オバマのTシャツ着てて女バージョンTシャツほしい!と思った。そいや昨日もこのラブラブカップルに会ったのよね。明日も会えるかな(うふ)
6AV+Bleecker STのイタリアンDa Silvanoに行った。すばらしくおいしかった!こんなおいしいパスタは久々。
ちょっと政治の話になって、私これでもけっこう普通に政治状況知ってるからものすごいアツくなった。いやぁ英語少しうまくなったとおもたわ。004.gif 
いや、ちゃう、いつもお酒1杯飲んだらうまくなるねん。ダダ!

そいや、ダで思い出したけど
人種によって言い方も発音も違うのがおもしろいよねー。私にとって基本、南部以外のアメリカ白人とアジア人全般は聞き取りやすい、ロンドン人ならもっとわかる。でも黒人のあの独特のしゃべりは最近まで全くって言っていいほどわからんかった。電車アナウンスの黒人のしゃべりが最近ほとんど意味がわかるようになってきたのはホンマに助かる。いきなり違う線や鈍行が急行に変わることが多々ある。何回やられたことか。
黒人発音はTVはまだわかりやすいほうかな。リアリティ番組はいいかも。でも実際はむずかしい。ましてやヒップホップ系のしゃべり方なら今でもわからんやろな。
最近どんどん触れてきたから聞き直さずに理解できるようになってきた。ほんで今日、友達にいきなり

サラダ!!

って叫ばれた。?なんなんそれ??聞いた事とないわー尋ねたら、Greatとかワンダフルの意味って笑いながら言われて、辞書牽いてみたけどなかった。ウソなんかな、ホンマなんかな。この変もわからんねん。

039.gif
[PR]
by rosemood | 2008-09-30 16:48

刺激

ここ数週間毎日出っぱなしで、かなり疲れた。
昨夜は楽しかったー。知り合いめちゃ増えたし。

友達のサックス奏者Stacy Dillardが彼の生きてきた人生を話してくれた。人間も演奏もかなりのハイレベル。31なのに映画にでてきそうな波瀾万丈人生を歩んでいる。
こんな魂が強烈に強い人今まで会ったことない。Spiritがイケきってる。昔、一日10時間2年間日曜以外は練習したという事実だけでもものすごい。演奏してるときのオーラが尋常じゃないし音に全て入ってる。

すばらしい刺激をもらえた。彼のCD聞いてるけど鳥肌がとまらないわ。

最近また焦り病がでてたけどもっと心を広くして本当の意味で大人にならないと。久々瞑想でもします。もっと自由に何かこのしばられてるもの恐れから解き放したい。

ほんとにすばらしい精神力の持ち主。
ここまで強かったらそれだけわがままじゃないと自分を通せないし、それで自分の努力と演奏以外全て勝手に必要なものは入ってくるって現実的にありえない。でも本当にそれが生きる道ならそうなるかもしれない。
最近自分が今おかれてる状況、精神力や忍耐レベルを改めて認識させられ、そろそろ大人になる時期なのかなと思いました。
[PR]
by rosemood | 2008-09-28 06:12

Progressive

最近JD Walterのプライベートレッスンを受けさせてもらってるんですが、ちょっと感動。発声法は今までやってきたレッスンや練習とさほど変わりはないのですが、リズムの出し方が尋常じゃないくらいしっかりしてる。あと改めて一曲最初から最後まで全てしっかりせなあかんと感じました。イントロもだいたい口で説明できるだけではやっぱりだめですね。リハモもしないとだめです。こういうサウンドがほしいと漠然としたものではなく譜面に書かないと意味がないとも。あとオリジナルもしないと。歌は自分のキーの曲を書いて”はい、これはスイングで”って渡すだけではだめだとも。それはそれでありやけどそれを一つの手段としてやるのはいいけどという感じでしょうか。譜面の書き方にしても全てアメリカのやり方が微妙に違う。全部書き直さなあかん。教授に授業を受けてるみたい。だっていきなりスイングとは何ですか?言葉で説明してください。って日本語でも難しいのに英語って。。。歌ってもいい?って聞いたら笑われてあかんっていわれた。だって英語の音楽用語の単語わからんねんもんねぇ。
まぁ調べましたけどやっぱり英語は難しですね。酔ったらあんだけ毎回ポンポンでてくるのに。不思議です。

今日は久々の大阪のドラマーやすいさんと、友達がプレイしてるbig bandに行ってきた。ほとんど知ってる人でびっくりした。流れでみんなセッション行ってきたー。ピンポン一番楽しかったー!一番感動したのは歌ったときにマイメンドラムのクインシーからあったかいものを感じたこと。これは歌ってるときサポートが肌で感じた。ここまで演奏で感じた事ない。すごいことだと思う。私の性格や何もかも含めた今の状況わかってるし、どうしたら最大限自由に私が歌えるか知ってる。自由になることが今一番私が必要なことだともわかった。
ケニーワーナーの本にも書いてあったのですが、歌手ってどうしても楽器の演奏者に引け目を感じてしまう。昔は尊敬されてたのに今は下や別格に見られることが多々ある。そういう雰囲気を楽器奏者が作ってるのも原因の一つで自分に酔ったナメた歌手がうじょうじょしてるのも確か。ちょっと容姿綺麗からって仕事やお金いっぱいもらえるのは許さんみたいなジェラシーもあるし、歌やったらどうしても自分が目立たないとか自分のソロがもっとほしいとか、所詮自分第一で、音楽を作ろうという純粋な気持ちがテクで隠れてる。そんなん彼らの問題です。そういう人ってほんま多いし、気分が悪くなる。幼稚。そういう人とは関わらなくすればいいだけですけど。
いけてる歌手になるためには練習しまくりながら、歌という種族や自分の感性に引け目を感じず、お互い尊敬し合って、自由になることが最大の根本でしょ。私たちの魂が宇宙と一体化せなすばらしい歌なんて歌えない。そのために練習してテク学んで自分のあかんとこをよくしたらいいだけ。人のことを細かくとやかく批判を言って楽しんでるだけ余裕がある証拠ですね。それで自分は棚に上げて心地いい気分になってるだけで薄っぺらすぎ。すごいうまい演奏者でもここあかんかったーって自己反省してるのを毎回目にするし言わなくてもみんな思ってるのは感じる。NYは特に思いっきり個人主義、自己責任なのでこういうとこ好きでプログレッシブだと思います。毎日フル回転で頑張ろー!!

最近芸術家たちがオバマをかっこよくしてます。あのサラペイレンって誰やねん。この人ブッシュの考え方をそのまま入れたような人物。要注意。
こないだKarrinは名前を発しただけでヘドがでそうって言ってた(笑)Karrin大好き。



f0150763_18385990.jpg
[PR]
by rosemood | 2008-09-24 18:45

今夜はお浮かれドジ

友達のアルトサックスJaleelとテナーのStacyがsmokeで演奏してたので行ってきた。この二人ほんまにいけてるわ。Gregg Augustのsextetでまじでかっこ良かった。一曲一曲テーマや雰囲気が伝わってくる。いっぱい変拍子しまくってるのにナチュラルによく演奏するよなー。ほんま尊敬よ。

今夜はタクシーに寄付Dayやね。
あまりにもバカでドジってもうた。タクシーに携帯忘れてしまってあらもーたいへん。私はダウンタウンに住んでて、スモークはアッパーウェストで、一旦帰って気がついて、携帯を持ってくれてた人はまたアッパーイーストやったのでとんでもない距離を往復しまくった。しかもパトカーと一緒に待ってた。なんでやろ。こんなドジなのはちょっと浮かれてるからや。よりによって携帯だけって。。。良かった、いい人で。
はぁ。最近セッションで全然寝てないし楽しいけど疲れたー。でもどんどんやるぞー!ひまなんか私にはないのだ。常にかつかつにやらなもとめてることが手に入らない。そのためにこっちにいる。ポジティブにあげてかな。それしかない。ワッショイ。

♪Dont worry チャッチャチャッチャッチャッBe Happyィィィーーーーー!!!
[PR]
by rosemood | 2008-09-18 17:09

Dave Liebman

Dave Liebmanを久々聴きに行ってきた。一番好きなサックスプレーヤー。
メンバーはもう一人のテナーEllery Eskelin, ベースはTony Marino, ドラムはJim Black.今回はリーブマンはテナーのみだった。さっき彼らのCD"Renewal"を聞いてた。作曲も全部かっこよくておったまげー。

何の音をどこで発してもウわーって思う。すごいと思うのです。ここまでの人はいないと言える。あくまでも私の価値観ですが。威嚇やうけとか爆発とか一切ない。超えまくってる人なんだろな。ただ必要やからそこにあるとでも言うのか、かといってシンプルではない。どちらかといえば恐さを感じる。威嚇とか他人がからんでる恐さじゃなく、常に崖っぷちなあくまでも個人の孤独と人間の極地を知ってる、悟り系の真剣のもっと想像できないようなくらいの深さのある真剣度。ということは必然的に優しさや愛の度合いも並外れたものなんやろ。
魂の強さの度合いで与えられた環境に限られた忍耐力、どこからどこまでhandleできるか、どこまでの努力ができるのか人間ってある程度決まっているような気がしてくる。それに逃げるのも自分だし、自分と戦って道にそれるのも自分だし、しかもそのことや他人の真剣な行動を見て笑ってけなして自分のことを棚に上げ自分はそれ以下ということに気がつかなかったり、道にそれてもまた戻る努力をするのも自分だし、本来自分が求めるその上与えられた道をまっすぐ進むことも自分だし。
結局全て自分に返ってくる。

Liebman言葉で表現できないくらいすばらしいと感じる
[PR]
by rosemood | 2008-09-09 07:19

今日のジャム

今日のセッションはまじでこわかった。最近かなり頻繁に行ってるけど、今日はすごかった。Gerald Claytonが来てて、知り合いになれたのは嬉しいけど、演奏が普通に恐かった。分際をわきまえてないプレーヤーに対してのイジメがえげつなかった。特にベースJoe Sandersとドラム(名前忘れた)。めっちゃくちゃ、いや、ビビるくらいうまいで。
もちろん言葉ではなく音楽での攻撃。びびった。わかってない音に対してでたらめを吹いてる人たちへ吹かれないようにする攻撃。結局は愛につながるかもしれんけど。あんなん見てたら歌われへんやん。てか歌ったけど分際わきまえてるので怒られへんかっただけまし。とにかくみんなきまってるからもうぐちゃぐちゃ。あーあの雰囲気はいやだな。
ちょっとてかだいぶみだれた自分がいた。
はじめからマイクの音量めっちゃ小さくて全然聞こえへんかったし。けどどうでもいいねん。それに対しての練習もあるから。結局何に対しても応対できてイケてなあかんねん。もちろん色んな物が重なってその感情が歌に出てあかんくなるのも自分やし。日々精進。帰りに私のとき弾いてくれたピアノのJoeが『I like your voice. Youre gonna be good. Just keep up.』って。嬉しかった。私が思いっきり凹んでたの察してくれたんやろな。その一言で落ち込むよりも練習しよって気分になる。こんなんほぼ毎日続けてへこんで練習し続けてたらいつかいけてくるでしょ、普通に。当然やけど日本よりもだいぶ厳しいわ。その分気合い毎日満タンやね。
それにしてもけっこう行ってるけど、歌の人全くみかけへん。ま、私の行くとこわざと楽器ばっかりのとこばっかり行ってるからな。プレイしてない楽器の人も帰っていくし。気持ちはわかるけど。それにしてもボーカルほんま見かけへん。相手に何か思われることの心配やプライド守ることよりも自分の修行のみですよ、ほんま。演奏以外ある意味他人はどうでもいいスタンス。NYCに1年も住んでれば肌でわかるわ。
しばらく帰らずこっちにいようと思う。こっちで得るべきものが多すぎて。甘えがあったらこっちでほんまにやっていけないしね。

今の目標を実現させるようにがんばります。いつも読んで下さってありがとうございます。こんな未熟なYayoiを応援してくださいませ!
[PR]
by rosemood | 2008-09-03 17:50

ボーカルアプリ

すごいもの発見!

ある大学のジャズボーカルのアプリケーション発見してかなり驚いてる。改めてアメリカってレベル高いことに気づかされた!
まず1番目はアカペラDonna Leeをやってこいと。(ボビーのオーディションでもしたしこれは一応クリアかな)
2番目はバラードwith自分で伴奏。ピアノでもギターでも。選曲もとっても難しい。Midnight SunやRound MidnightやSophisticated Ladyなど。
3番目トリオでミディアムテンポ、Night DreamerやMaden Voyage, Invitationなど。しかもそれでインプロビゼーション2コーラスも!
4番目はアップテンポ、Song is youやOne Finger SnapやESPやGiant Stepsまで!これも2コーラスインプロビゼーション。5番目はブルース。6番目はオリジナル。7番目は出た!!Charlie ParkerのNow the timeパーカーソロの部分をトリオで歌う。


↑って何なのこれは!


大学生の試験こういうレベルの高いことしてるなんて信じられない。Night Dreamerでソロはやったことないし、ましてやGiant Steps?ソロ?しかもクリエイティブにですか。これはかなりのものや。
究極に表してるけど、ボーカルでそこまでできるのってボビーくらいだと思う。けどこれをトライするのが18歳そこそこの人がするってものすごいパワーを感じる。日本とは比べ物にならない。
最近知り合いからよく聞くのよね、大学院や博士号の話。こっちの知り合い音楽家ぎょーさん大学院卒業してはる。学校で教えれるからかな、やっぱ。アメリカのジャズはハイレベルだわ。授業内容がやはり想像を遥かに超えたものなのはこのオーディションの内容からだけでも肌で感じる。

何やっとんねんってな気分になってまうけどやるべきことがたくさんあるから今までと変わらずし続けるのみ。
とりあえず今からこのできてない部分しよっと!!
[PR]
by rosemood | 2008-09-02 15:06