Yayoi's Blog

rosemood.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

この季節が一番好きやな

気持ちいい天気だな〜。寒くもなく暑くもなく060.gif

はぁつかれた。あんまり日記書いてなかったな。今月は忙しすぎてぐったりだわ。
今日はレッスンあったけど、今はひさびさゆったりおくつろぎ。って言っても明日、学校でスピーチせなあかんから覚えないといけないんだけどさ。今日はピアノの先生に大学1年終了って言われて普通に嬉しかった〜。でもけっこういっぱいやらなきゃいけないことまたできた。一個一個やね。

おとといたまたまむか〜し、19のころに飛び入りで一緒に演奏したことあるトランペッターのたくやくんに会った。びっくらこいた。彼はこっちで演奏しまくってる。しかも私、そんとき貧血かなんか起こって足が引きつって目が見えなくなってしまってバターンって倒れたちゃったことがあって、そんとき隣にいた彼を殴る勢いで思いっきり押してもた。不意打ちや。めっちゃかっこわる〜ってそのとき思ってて今だに汚点やってんけど会ってもうたもんな。でも変わったって。昔はバー!!ってな感じやったとか言われた。どういう意味やねんっっ。ええけどさっ。こんな変なことってあるんやね。おもしろナイトやった。

さっき写真家の荒木経唯のドキュメンタリー映画を見た。すごいわ。一瞬の人間てこんなにリアリティあるんだと思って、瞬間瞬間自分にとって無駄に生きないようにしようと思った。余計なくだらん物がたくさんあるわ。ほんまの一人になったらそんなくだらんもんが大きくなってくだらんもんになってないのがよくわかる。
[PR]
by rosemood | 2008-04-22 10:39

ふと

スカー!って気分になりたいな。
時間をもっときっちり有意義に使えたらなと思う日々。リラックスするときはする、集中するときはするって言葉でわかってるけど、リラックスしたいときに常にあれせなこれせなっていうの、ほんまどうにかならんのかな。はは。今月めちゃくちゃレッスン多いから一個一個やってるつもりなのにね〜。でももっとやらなって思いが強すぎてその気持ちにへこたれてる自分がいるかもしらん。

そういえばこないだまたすごいことが。ティーチャーのERIさんのホームコンサートに行ったとき、なんか見た事あるなぁと思ったら、なんとKarrin Allysonだった。彼女のCDは全部持ってるのでほんまに感動してびっくりした。ERIさんに紹介してもらって信じられない気持ちでいっぱいいっぱいになってもうて変にどもっちゃった。かっこわる〜(笑)。また彼女はめちゃくちゃかっこいいねん。で、KarrinにNYに来るときとか教えてるんですか?って聞いたら私は普段は教えないけど、あなたならいいわよって言われた!!まじでー!もう信じられへんー!たぶん詩吟やってたとかBobbyのワークショップのこととか色々先生が言ってくれたからやろな。なんか学校行くよりこういうふうに尊敬してる人たちにプライベートでレッスンを受けるほうが私にとって得るものがいっぱいあるかもしれないなとふと思った。現に、前より基礎をおさえられてきたし。
しかもそのお客さんたちがまた違うジャンルで一流の人たちで。ブロードウェイのスパイダーマンのプロデューサーとか数学のコロンビア大学教授とかそういうおもしろい人たちが来てた。
NYってすごいところやね。エキサイティングやし、難しい中で戦って自分を強く成長させることには最高の場所かもしれない。その分反対の部分もあるけど。

今、ニュースつけたらサンフランシスコで北京オリンピックのトーチがものすごいデモ。国際社会の代表する一つの国として先進国から認められないのはやっぱり同感せざるを得ない。チベット問題が大だけどこないだの松坂牛やらの商標登録にしてもモラルがなさすぎ。ここまでオリンピックにふさわしくない国やと各地のトーチ場所でバッシングされてるのに、中国政府は勝手にやってろ痛くもかゆくもないってなもんなんかな。
[PR]
by rosemood | 2008-04-10 06:08

やるしかない

今週は色〜んな人に会った。少しずつやけど着実に自分の進むべき道を歩んでいる感じがする056.gif
こないだ凄い人に出会った。先生のTheoも通っているというThe Voice Workshopという世界でも5本の指に入るほどの発声を研究している施設の設立者でもあるJeannetteに会ってきた。これから色んなことを教えてもらうことになったのだけれども、ほんとにすばらしいレッスンだった。いかに声帯や舌にストレスを与えず声をだすか。詩吟を7歳からしてたこともものすごく関連があって細かく説明してもらった。それに呼吸がいかに大切か。それぞれの声質もあるのに、どこをどうすればいいなど、声を研究してるからわかるんやね〜。一回のレッスンで実感した。紹介してくれたTheoに言い表せないほどとっても感謝してる。
発声、ピアノ、理論全て同時進行やわ。ピアノもむずかしい。なんとか両手でテーマは弾けるようになったけれどソロはちと時間がかかってる。楽譜はほんまに慣れやな。聞き取りはおそろしいくらい時間かかるしな。

でもうれしいことは最近学校に行ってるせいでかスピーキングがやけにのびてきたのだ。まだ考えがひっかかちゃってどもっちゃうけど。英語学校がとても楽しい。色んな人種の人がこっちでやりたいことに向かって進んでる。夕方からだから大人ばっかりだし、結婚してる人も多いし、話も普通に楽しい。

こないだ大好きなピアノのPlic+Tain Wattsの組み合わせを聴きに行ったら、ドラムの安井さんに会った。とても楽しかったなぁ。あいかわらず楽な人だった。

そうそう、Bobbyのワークショップの時間割がきたのだけれども、朝10時から6時まで5日間、ほんとにみっちりです。これはHi-MDに頼るしかない!これらの経験は今後の音楽人生にものすごく影響がでてくるんだろうな。

いいものを聴いて、人とのレベルの距離感を感じることは必要だけど、比べるのはほんとにおろかだ。上には上があるのは当たり前。下の人に限って見てよ見てよって必要以上に態度に出してくる人もいるけど。詩吟みたいに他人との勝ち負けじゃない。自分自身との追求に勝つか負けるか。今んとこぎりぎりボコボコになりながら勝ってるけど。負けた子は何人もみてきたから知っている。それくらいむずかしい。
自分の道を進んでたら一杯一杯で人のこと考える余裕なんてひと隙間もなしよね。やっぱ日本に帰る必要が今のところ全くないね〜
今はまっすぐ着実にやるしかない001.gif
[PR]
by rosemood | 2008-04-05 01:59

The War of Art

今年になってむさぶるように本を読んでいる。今読んでる本はとっても興味深い。
音楽などの芸術の勉強や追求をするために邪魔な心、Resistance:妨害、抵抗するものという本を読んでる。題名はThe War of Art、著者Steven Pressfieldで、英語やし題名からして興味は正直全くそそらなかったんですが、5ページくらい〜読んでみるとけっこういかつい。フォーカスしたくないこといっぱい書いてある(笑)。

例えば、(やりたい気持ちが前提で)机やピアノの前に向かわないといけないのに、つくことそのものがむずかしい。一旦つくと楽しくてこれはこうかなんてあっと言う間に集中できるのに、座るのが時間がかかる。逃げてしまう。
自分を疑うこと、他人を批判すること、精神薬などに頼って逃げること、自分を劇的におおげさに表現してそれに酔うこと、今してることを愛さないこと、全てやるべきこととは全くもってマイナス方面。でも人間誰でも弱い部分を持っているのでそれに対して言い訳もつけたくなる。でもそれは間違ってる。体や心の病気や何かの犠牲者や被害者になることで逃げてしまう。これに時間を費やすとやりたい気持ちと正反対の性質をもつものでこれはすぐにやめなければいけないなど。おもしろい。

『ヒトラーは若いころ画家になりたかった。18歳には多額の財産を相続して何不自由なくできた。アートの大学に入学した。でも、誰もヒトラーが描いた絵を見たことがない。存在していない。Resistanceが彼を倒した。一枚の白紙のキャンパスに絵を描くより、第二次世界大戦を開始させることのほうが簡単やった。』
これは、鳥肌がたった。
英語の文章のニュアンスとは少し違うけど、これらの意味を考えたらなんとも今してることがどれだけ大切なものか。起きてすぐ集中できたらとか、邪心に心奪われるなんてないほうがどんだけいいかと日々思ってたらこの本に出会った。
日本語であるんやったらぜひ読んでほしい一冊。英語はか〜なり難しい。。。
[PR]
by rosemood | 2008-04-01 04:15