Yayoi's Blog

rosemood.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お目覚め

今日は晴れた気持ち。私の周りで女性で完全に信用できる人が3人いるんだけど、そのうちの1人と話した。3人もいるってけっこう恵まれてるなぁ。しかも全員頭が上がらない。

『気』の話をした。遠くにいても悪い気は伝わるのよね。このオーラを出してるやつはいづれ自分に返ってくることもしらず。それだけお子ちゃまなんよね。どうでもいいか。くだらん。下は見ず、上のみ、ほんま。ほんと大人になるってむずかしい。私より歳とってても全くできてない人はできてないんやから。ある色んな人が入ってるライブ録音のCDを歌してる子からもらった。聞いて違う意味びっくり。音源だけだからライブみたいに分散しないんよね。ストレートに聞こえる。邪心は歌に直でくるね。下手でも汚いのんないほうがやっぱりええ。うまくてないほうがベストやけどさ。うまくなるのは何十年かかる。何十年といえば、大江千里がNYにジャズを学びにくるらしい。何年かけてでもやりたいことがある。だって。なんかおもしろい。

CDという物作りってだからこそみんなライブよりも慎重やねんね。細かいことをきめるとかの意味じゃなくて。これは最近こっちで学んだ。もとの部分や根本たる人間性は変わらないけど、物作ることに命かけて我が子みたいに丁寧に生み出す。

最近、セッションで歌うことが別に〜どうでもいいって気分。どうなんと問いかけてしまう。自分のしたいことが練習でもできてないのに。こないだまではやりたいことをセッションでやってできたら満足、ほんで次もみたいな。それって。。。なんなんでしょう。そんな時期なのかな。また変わるんやろうけど。もうちょっとじっくり固めていきたい。全てのジャンル、(バップにピッチに声質にリズムに英語に)フォーカスして突き詰めていきたい。自然にバップを歌いたい。不自然にとってつけたような、考えてやってなくて酔って満足するのはもうええわ。なんでも段階がある。それを経験してなくてとやかく言われるのはうざいけどさ。ええライバルができました。やるぞ。
[PR]
by rosemood | 2007-12-28 15:15

年末

昨日、家族最大行事のクリスマスが終わった。毎年一年に一回集まる日。例年以上にプレゼント選びでせかせか動いたな。お洒落なキッチン雑貨と家具店でお求めやすいお値段のCreate and BarrelとWest elmにアウトレットのCentury21に、KmartやワインショップにデパートMacy'sまで!!
私は義妹カップルから黒のカシミヤセーターもらった。ちょうど買おうと思ってたのでこれはかなりヒット。あと、私って何買えばいいのかわからんらしく、Mercer's kitchenのレストランカードやデパートのギフトカードたくさん頂いた。義姉家族宅に行ったのだけれど、動物園みたいで楽しいのだけれど、私ねこアレルギーだからほんとにしんどかった。ずっとはなたれ小僧みたいな気分だった。
今日は家で久々ゆっくり。おいしいコーヒーとYou Tubeだけで、心が休まる。あ〜誰か年末のガキの罰ゲームDVD送ってくれへんかな。ほんっまコメディは安らぎやね。この3日間全く練習してなかったので今日から3日間はびっしりするぞ。でも掃除してからやね。なんかこの怠け者で好きなことしかしない私が久々主婦してるやん。このままこの流れに身をまかせよう。どうぜもたんし。はは〜。
[PR]
by rosemood | 2007-12-26 15:20

Let it snow〜Let it snow〜Let it snow♪

風邪をひいてしまった。けっこう対策してたのに一日うがいを忘れたらこれだぁぁ。どこでも菌はうじょうじょしてるけど、特に地下鉄は大嫌い。たぶん地下鉄でうつったんやろな。便利だけど空気悪いし、しみったれてるし、汚いしさ。バスはもっと嫌。やっぱり春になったら自転車買おう!
おかゆを作った。おかゆってこんなにおいしいとは思わなかった!体があったまってとってもいい感じ。
もうすぐクリスマス〜。クリスマスソングって大好き。とくにLet it snow♪♪♪こっちは多文化というか色んな宗教が集結してるので知らない人にメリークリスマスって言っちゃだめ。ハッピーホリディって言う。ってなんか夢がない感じになるな〜って毎年思ってしまう。『楽しい休日を』やで。クリスマスソングまで禁止になったらほんまにいややなぁ。

こないだ、スピリチュアル江原さんみたいにリーディングできる人のところへ行った。ほんまにすごいんですよね〜。いつも鳥肌実。何も言ってないのにずばりずばり。もちろん見えてるから生年月日や事情説明一切いらない。こんな人とNYで知り合いになれると思ってもみなかった。それもまた私に必要だったんだな、きっと。前回行ったときといい事はほぼ一緒のこと言われたけど、今回は少々だめだし。進むべき道を歩んでるけどほんまにゆっくりすぎって。朝起きるのも遅いと。はい。私、これから9時には起きますです。あと練習しまくらなあかん時期らしくなまけとるとも。はい。ごもっとも。しますです。あといらんもんを捨てなさいとも。はい。その通り!!あと。。。いっぱい言われたのだ。
それでやる気と自信がでるもんでほんまに最高な気分。

今日はご近所さんのライブハウスへ行ってこようと思ってる。ドラムのDan Weissトリオ。楽しみ。
[PR]
by rosemood | 2007-12-20 13:17

最近さ〜

だいぶ日記やってなかったなぁ。全然忙しく感じてないのに色々あったなー。何回か歌いに行ったり、ライブは相変わらずけっこうな勢いで聴きに行ってて、ちょっとここいらで一休みせなお金がもたないなぁ。来年の初めにいっぱいBobby Mcferrinのコンサートがあって全部行くつもりでチケットすでに買ったし、ヨガにも行きたい〜。だから来月からちょっとしたお金儲けをしようと思った!でっきるかっな〜でっきるかっな。はてはてルル〜。ポン。

最近Peter ZakというNYで活躍してるピアニストのトリオのレコーディングを拝見させてもらった。すごく繊細な人。こっちから聞いてたらなんら問題ないのに、納得いかなくて何回もすぐ止まる。プロデューサーはアーティストの心情をわかってサポートをしていた。こういうやりとりがおもろいねん。
ドアがものすごくこわくてお洒落で名物なスタジオがThe Studioっていうそのままスタジオっていうスタジオなんやけど、かの昔NYで活躍していた鈴木チン良雄氏、プーさんこと菊地氏、川崎寮氏、日野氏とともに日本に名を響かせてたうちの一人のギターリスト増尾氏が経営してるところ。唯一この中でお会いしたことない。けっこうすごい人物の人たちと交流させてもらってる。もっとがんばらないとな、ほんと。ここではチンさんがこないだ録音したところだったので、なんとなく共通があったので場の雰囲気に入りやすかった。デンマーク人のプロデューサーとその妻が日本人でとってもいけてる夫婦。なんていうかパートナーな絆というか共に生きてる感がすごく感じられた。こんなぺーぺーが遊びに行ってもあったかかった。とりあえずとやかくがんばろー。


でもさぁああ、最近毎日酔っぱらってるねん〜。ヘロ。こんなに毎日はさすがにありえへんし、あきまへん。何もかも神経使うからかな。ちょっと出かけるだけでいっぱい使う。というか張ってる。前にも書いた気がするけど、いつ何が起こるかわからんくて、その場でいかに適切な判断ができるか。鈍感な人は全く逆に大丈夫やけど。そんな人もいっぱいおる。
昔から色んな国で海外経験してるせいか性格のせいか、絶対にこの、この惨めな気持ちにはなりたくない、バカにだけはされたくないっていうのが強い。アジア人で何にもわかってないっていう態度されて信じられないくらいなめられる、でも日本人だから主張が難しい。でもせなあかんときはせなあかん。じゃないと自分の身を守れない。こっちに住んでる日本人は無礼な人多い。でもそれはその人たちが経験してきた自分なりの守り方だから否定はできないんだな。でも”アンチ自分のお国の人たち”は正直きもい。

日本での気の使い方とこっちでの気の使い方が全く違うから、全部気を使わなあかん感じがする。全ては自分を守るため。それは外も内面も一緒。自分の目標だけはとられたくない。レベルが高すぎてこっちで吸い取られて終わっていく人たちばーっかりだし。
さっきも私悪くないのに喧嘩売られた。私は絶対謝らん。でも悪いことしてないのにあやまらなあかんのは嫌じゃない~?もとの自分まで押さえるつもりはもうとうないし。でも買うのは自分に影響を及ぼすから問題ありやね。住んでるからこういうことはしゃーないけど。しかも住んでるとこものすごい若者ばっかりやし。もしアメリカ人に生まれてたら、きっと今より100倍横柄やわ(笑)
[PR]
by rosemood | 2007-12-17 14:32

おんな節

心がそわそわしてる。なんかかゆいねん。たまにはいいか。

Claudia VillelaとPamela Z。最近、女性アーティストのライブを聴きに行ってる。それぞれ素晴らしかった。Claudia Villelaはブラジル人なのでちょ〜陽気♪イメージと全然違うかった。彼女のバンドで来てたんだけど、めっちゃブラジルでした。ブラジル人はこの中にいるか〜とかスペイン語は誰か話せるか〜?とか、お国をものすごく愛しているんだなぁ。でも大好きなスキャットオンリーKenny WarnerとのデュオCDとは全然違うかった。ほとんどポルトガルとスペイン語で、一曲のみスキャット。スキャットは言うまでもなくすごい。リズムかっこいい。
客に対しての受け入れやコールリスポンスというかこう歌って〜それで私が別で歌いたいの〜てのがおもしろかった。で、歌ってくれないからcome on歌ってよ〜って(笑)その陽気さがとても楽しかったな。歌はびっくりするくらいうまかった。
続いてPamela Z。マジンガーゼットみたいなクールな名前。彼女は本当のNYアーティスト。家の近所でThe StoneっていうギターリストJohn Zorn が経営してるライブハウスがあるんだけど、いわゆるダウンタウンミュージックをサポートしてるところ。理想の内装。Jazz galleryみたいに単にいすだけおいてある。飲み物もない。いけてる。そこで彼女の一人パフォーマンスがあったので見にいった。客は全員が一人で来てる変わり者ばかりで10人もいなかった。かなりマニアックなんだろうなと期待してたら、思った通りかなりマニアック!いや〜かっこよすぎですよ、ほんと。こういうアーティストは日本では絶対受け入れられないだろうな。機械を使ってその場でヴォイスオーバー+ループさせていったり、音色を変えたり。美術館にいる気分。音なのに絵と映像を見てる不思議な気分に引き込まれていく。PowerBook使ってた。腕に何か巻いてて手を動かしたら音がでるんよね。いっぱい機械を使ってた。ちょっと調べてみよう。
自分のスタイルを明確に見つけたい。無限大に広がるアイディアの中で自分が好きなものをパズルみたいにはめ込んでいく。時間がぁー。
二人とも40すぎくらい。やっぱり女はおんなおんなになよなよしてたらあきません。他人に依存したらあきません。おんなはおとこに負けないくらいのパワー持ってるはずなのに現状は理性をキープできる男が主流。おんなは感情豊かなのでそっちに動かされやすいだけ。じゃあ理性をキープしながら感情豊かになればええのです。難しいけど。
こうして女性アーティストばかり見てると元気がわいてくる。今日久々セッション行ってこよう〜。
女最高ホー!イエーイ!とか一人で叫んで遊んでたら、夫に『だまれ』と制止されてしまった。
[PR]
by rosemood | 2007-12-07 02:51

Theo Bleckmann!!!

嬉しいことが〜!
昨日、Whitney美術館へ行ってきた。金曜の夜はいつも何かの音楽やパフォーマンスをただで見れる。入場も無料。久々の美術館なので、早めに着いて色んな作品を鑑賞してた。一つの個展だけが印象に残っている。黒人の切り絵で壁一面全体に切り絵があったり、もちろん物語性ありで、黒人文化や昔の差別などを表現してた。強烈やったのが、切り絵に棒をつけて、紙芝居みたいに物語を表現している映像。木から首を吊ってる男の死体から徐々に性器が出てくる。それを黒人の女の子が表れて、手でにぎって口に持っていく。そして女の子の顔アップ、液体が顔全体にかかる。というかなりグロテスクでセクシュアル+タブー物。芸術って何を表現してもいい。自由。そこから学ぶことは多い。私はまだ、音楽でも何か、他人や自分を気にしてる。自由とはどういうものか、表現したいものはなんなのか、明確にビジョンを持たないといけない。
今回のライブは現在私が尊敬してる世界の3大シンガーのうちの一人Theo Bleckmannでメインバンドのゲストとして出ると知ったので、しかも今年はNYで最後のライブなので絶対いかなおもて行った。そのバンドはヨーロッパの古典音楽に、子供向けの陽気さが出てたりとおもしろい音楽だった。やっぱ楽譜読みながら歌えるねんよな。スキャットは言うまでもなくすばらしい。嘘は歌ってない。
Theoにプライベートレッスンで教えてもらえることになった。来年一月だからまだ詳細決まってないけど、ひょ〜い、うれしー。彼は芸術家の中の芸術家で、舞台で演劇したり、色んなパフォーマンスをしたりといわゆるマルチな世界で活躍してる歌手。彼はManhattan school of musicで教えてるんだってさ。
私の音楽へ対する気持ちは本物なのにほとんど女としてくどかれるのがオチで男性へそういう教えを請うという行為はだいぶ避けてたんやけど、今回は何もかも違う。えらそうやけど、私が思う本物の人って全員共通してる点がすごく多い。自分の色へのヒントを見つけれる気がする。きっと本物の世界レベルに圧倒されるやろう。
[PR]
by rosemood | 2007-12-01 16:31